仕事もプライベートも自分らしく、毎日を過ごす人たちをもっともっと応援したい!
私らしいライフスタイルを応援する「cheer(チアー)」

  • 2018.01.10

  • ワークスタイル
  • お役立ち

働くママの負担を減らす!家庭も仕事も乗り切る工夫

出産を終え、そろそろ仕事に復帰したいと思っているあなた。
でも育児と家事だけでも大変なのに、さらに仕事もなんて、ほんとにやっていけるだろうか……。不安はつきませんよね。

今回は働くママたちが実践している、仕事と家庭を両立させるための工夫をご紹介します。予想外の事態も乗り切れるよう、しっかり準備していきましょう。

家事と育児を上手に分担する方法

夫に「洗濯物干しておいてね」「明日ゴミ出しお願いね」と伝えても、すぐ忘れてしまう。だから結局、私がやっている。なのに「俺も手伝ってるじゃん」とエラそうに言われてイライラ……。
みんなどうやって上手に家事分担しているのでしょうか。

その1. 夫婦の家事分担は、表で視覚化するとわかりやすい

家事の分担は、お互いがやることの表を作って、見えるところに貼ると効果的です。分担を視覚化することには、3つのメリットがあります。

  • いつも目につくのでやることを忘れない
  • 「これ言ったでしょ」「聞いてないよ」の不毛なやりとりがなくなる
  • お互いの仕事が視覚化できて「自分ばかりやってる」と思わなくなる

もしあなたの負担のほうが多ければ、表を見ながら役割を決めなおすこともできます。「私ばっかりやってるんだから、もっと手伝ってよ!」と感覚で訴えるより、実際の仕事内容を書いて見せたほうが伝わりやすいです。

その2. 得意と苦手を上手に振り分ける

誰でも、苦手なことを任されると後回しにしたくなるもの。相手が何が得意なのかを考えながら役割を決めましょう。

もしお互いに掃除が苦手だった場合、交代でやる、週末に一緒にやるなど、片方に負担がかかりすぎないようにしてください。「私は料理が好きで掃除が嫌いだから、わたしは料理、あなたは掃除してね」などと、自分の都合だけを押し付けていては、長続きしません。

ただし、育児だけは別。子育てには早くから参加してもらいましょう。両親が近くにいるなら、日頃から子供を連れて行っておくといいですよ。何かあったときに、子供を任せられる人がいると安心できます。

その3. セルフサービスのシステムを導入する

家庭にも、セルフサービスを導入しましょう。たとえば、こんなところです。

  • 朝ごはんは各自、パンやフルーツを食べる
  • お弁当箱は自分で洗って、自分でつめる
  • 洗濯物は自分で畳んで片付ける
  • 晩ご飯のお皿は自分で洗う

特に家族で生活時間が違う場合、かなり楽になります。お弁当箱を洗うためだけに遅くまで起きている人は、セルフにすれば睡眠時間が増やせます。

その4. 便利なサービスを取り入れる

夫は仕事が忙しくて家事なんて頼めないし、実家の両親も遠い。そんな人は、家事代行などの便利なサービスを使うことをおすすめします

サービスを毎週頼むと高いですが、月に1回、水回りの掃除をしてもらうだけでもかなり楽です。

また、ネットスーパーは安い上に買い物時間も短縮できます。ほかにも、レシピと一緒に食材を送ってくれる食事宅配など、働くママのために便利なサービスはたくさんありますよ。

毎日はムリでも、忙しい時期だけ上手に使って、家事の負担を減らしてください。

急な呼び出しにも慌てない仕事術

どんなに忙しくても、容赦なくかかってくる保育園からの「お熱出ました」コール。子供が小さいうちは仕方がないとはいえ、仕事を残して早退するのは、本当に気まずいですよね。

少しでもまわりに迷惑をかけず、気持ちよく働くための工夫をお伝えします。

その1. 仕事は早めにきっちり、いつでも人に渡せるようにしておく

いつ早退することになってもいいように、与えられた仕事はどんどん前倒しで終わらせていきましょう。時短勤務の場合は、タスク管理をしっかりとおこない「短時間でもきっちり終わらせて帰る人」を目指してください。

急に休まなければいけなくなったときに備え、仕事の資料は誰が見てもわかるように整理しておきます。パソコンのフォルダ分けも明確にしましょう。そうすれば、最悪出社しなくても、電話で誰かに仕事を引き継ぐことができます。

その2. 休めない時期は前もって子供の預け先を探す

年度末など、仕事が忙しくてどうしても休むとマズイ時期がある場合は、早めに対策しておきましょう。子供が熱を出してしまったら出たら実家の両親に見てもらう、その時期だけ夫にお迎えをお願いする、など。

そのためにも、日頃から子供が実家の両親やパパに慣れておくことが大切です。病気のときによく知らない家に預けられるのは、子供にとってストレスです。もちろん、あなた自身の体調管理もしっかりしてくださいね。

その3. まわりへの気遣いを忘れず、良い関係を作っておく

仕事が終わったら1分でも早く帰って、家事を片付けてしまいたい。そう焦る気持ちはわかりますが、職場の人間関係にも気を遣っておくと、家のこともやりやすくなります。

早退やお休みでまわりに負担をかけたのなら、翌日お礼や挨拶のフォローはきっちり入れましょう。余裕があるときに、ほかの人の仕事を手伝うのもいいですね。

また、旅行のお土産を配って「いつもありがとうございます」と感謝を伝えるのも、単純ですが効果があります。

人は「迷惑かけてすみません」と謝られるより、「助けてくれてありがとう」と言われるほうが、なんだか良いことをしている気分になれるのです

扶養の範囲で働く?
それともキャリアアップを目指す?

家族の扶養に入ってその範囲内で働くか、フルタイムで働くのか、仕事を始める前にちゃんと決めておきましょう

子供が小さいうちは扶養の範囲で、小学校に上がったらフルタイム、など具体的にイメージしておくと、少しずつでもキャリアの積み重ねができます。

扶養の範囲で働くなら、同じママさんが多い職場がおすすめです。フリーターや学生バイトばかりのところだと、子供の急な病気などで休みにくく、結局働きづらくなることも。

もし経験がある業種なら、派遣社員の時短勤務につける場合もあります。子供が手を離れたときにそのままフルタイムになれたら、かなり楽ですよね。

「子供が小さいうちはパートしかできない」と思い込まずに、希望の会社に問い合わせだけでもしてみてください。せっかくスキルがあるのに、使わないともったいないですよ。

まとめ:家庭と仕事、両方合わせて100点でいい

家庭も100点、仕事も100点を目指すと「私はどっちも中途半端だ」と思ってしまいがちです。

家での役割も職場での役割も、全部含めてあなたの仕事。ですからトータルで100点とれればいいのです。

今週は会社でがんばったから、仕事は70点。でも家事ができなかったから、家庭は30点。それでも、合わせれば100点です。

仕事は50点だけど、家のことはきちんとできている。それなら120点かもしれませんね。

でもたまには仕事も家庭も休んで、自分だけの時間を持ってくださいね。もうあなたは、100点以上がんばっているのですから。

この記事が気に入ったらシェアしよう

  • Facebook
  • Twitter

Cheer(チアー)の最新情報をお届けします!

「cheer(チア―)」について

「cheer(チア―)」は、“仕事もプライベートも自分らしく、毎日を過ごす人たちをもっともっと応援したい!”をコンセプトに、仕事をはじめキャリアやワークスタイルなど、オンとオフの両面から幅広くインタビュー記事などを通じて、リアルな情報をご紹介しています。
私らしいライフスタイルを応援する「cheer(チアー)」は、事務のお仕事を中心に、IT、エンジニア、介護、看護、医療、製造などのお仕事を一括検索できるスタッフサービスグループサイトを運営する株式会社スタッフサービス・ホールディングスの情報サイトです。

人気の記事

  1. 働くママの負担を減らす!家庭も仕事も乗り切る工夫