トップページ
公式Facebookページ
ニュース&トピックス一覧
仕事をお探しの方
職種別専門サイトのご紹介
人材派遣のしくみ
派遣で働くメリット
企業ご担当者様向け
人材をお探しの企業の方
WEBオーダー
サポート
会社情報
採用情報
お問い合わせ
サイトマップ
ご利用にあたって
個人情報保護方針
個人情報の利用目的・取り扱いについて
おすすめコンテンツ
お悩み解決!派遣コラム
Cheer(チアー)私らしいライフスタイルを応援する
アプリ紹介
[iphone 限定] お仕事提案アプリ
アリカモ|Alicamo

お悩み解決!派遣コラム

ヘルプデスクって一体何?仕事内容や特色

職場・職種・活かせるスキルからさがす
派遣のお仕事

ヘルプデスクの仕事は、顧客や社員などエンドユーザーに対する技術的なサポートをおこないます。問題を速やかにヒアリングし、分かりやすく説明する重要なポジションです。中小企業などでは派遣社員の場合でも、社員と同等の幅広い業務を任されることもあります。今回はヘルプデスクの「仕事内容」や「やりがい」「時給の相場」などをご紹介します。

ヘルプデスクって何をするの?

ヘルプデスクの主な仕事内容は、社内外のパソコンを中心としたシステムのトラブルや使用方法などの各種問い合わせに対応する業務です。「印刷ができない」などの初歩的な問い合わせから「システムの障害対応」などの高度なトラブルまで幅広く対応する必要があります。そのため高い専門知識とスキルが必要です。デスクワークではありますが、コミュニケーションを取りながら業務を進めていくので人と話すことが好きな人には向いている仕事といえるでしょう。また、社外のヘルプデスクの場合では、ユーザーの問い合わせ対応以外にメールや電話でのクレーム対応も業務の1つとなります。時には理不尽なクレームを対応しなくてはいけないケースもあるため、忍耐力や丁寧に説明する能力も求められます。社内のヘルプデスクでは社員へのサポートを行うのに対して、社外のヘルプデスクではユーザーへのサポートやクレーム対応をおこなうのが特徴です。

社内SEと一緒に思えるけど… 違いはあるの?

一般的にヘルプデスクは社内の問い合わせやトラブル対応がメイン業務となり、社内SEはシステム全般に関する開発関連の業務を担います。ヘルプデスクは社内SEという大きなカテゴリーの中のひとつという位置付けといってもよいでしょう。大企業ではヘルプデスクと社内SEは部門ごとにはっきりとカテゴライズされていますが、中小企業での勤務の場合ではヘルプデスクと社内SEとの境界はあいまいなのが実状です。したがって就業後に想定外の業務を任されるケースもあります。「こんな業務まで任されるとは思わなかった」と後悔しないように、派遣担当者などに事前に業務内容をしっかりと聞いておくようにしましょう。

時給の相場はどのくらい?

「リクルートジョブズ」の2017年4月の派遣スタッフ募集時平均時給調査のなかで、三大都市圏平均時給を公開しています。この調査では、関東エリアとして東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、東海エリアとして愛知県、三重県、岐阜県、静岡県、関西エリアとして大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県の三大都市圏を対象エリアとしています。
平均時給の算定方法については、求人情報サイト「リクナビ派遣」に掲載された求人情報より、派遣スタッフの募集時平均時給を算出しています。このレポートによると、ユーザーサポート・ヘルプデスクの平均時給は1,786円となっています。
通常の派遣時給よりも若干高いのが大きな特徴で、求人数も年々増加傾向にあります。ただし、派遣社員の求人や時給は地域性があるため、地方での勤務の場合では若干異なります。
ヘルプデスクやテクニカルサポートの経験者や、「ITIL資格認定試験(Foundation Certification)」「基本情報技術者試験」などの資格所有者、また語学の読解・会話力が求められる部門や外資系企業勤務の場合には、高めの時給設定で就業できるケースもあります。

【出典】
2017年4月度 派遣スタッフ募集時平均時給調査(リクルートジョブズ)
http://www.recruitjobs.co.jp/info/pdf/pr201705161034.pdf

ヘルプデスクのやりがいや魅力って?

ヘルプデスクの魅力は、トラブルを解決することで会社の円滑な運用に貢献できることです。そのため、システムに関する幅広い専門知識を活かせることができ、人と接することが好きな人には大きなやりがいを感じられるでしょう。その一方でクレームにも丁寧な対応が求められますので、時には理不尽な理由で電話をかけてくるようなクレーマー対応に悩みを抱えるかもしれません。そのような場合には、親切丁寧な説明はもちろん重要ですが、ユーザーの話を真摯にヒアリングしてあげることもポイントとなるでしょう。それ以外にも、ヘルプデスクはシステムに関する知識を高めることができますので、日々コツコツと学ぶことが好きな人にもやりがいを感じられる仕事です。

システムの知識は欠かせない?必要なスキルや資格とは

ヘルプデスクの仕事ではシステムに関するハードウェア及びソフトウェアの高度な専門的スキルが必要となります。そして顧客や社員へ分かりやすく説明する必要もあるため、高いコミュニケーション能力も求められます。奉仕精神のある人や忍耐力のある人に向いている仕事といえるでしょう。またこの仕事は「ITIL資格認定試験(Foundation Certification)」をはじめ、「ITパスポート」「基本情報技術者試験」などの資格を所有している場合には重宝されます。もし、外資系企業の場合では「TOEIC」のスコアもできれば600点以上は所有していると良いでしょう。ヘルプデスクの仕事は即戦力を要求され求人数も増加していますので、派遣社員としても働くチャンスは充分にあります。キャリアステップとしては社内SEやセキュリティ部門で働ける可能性があります。

このようにヘルプデスクは、幅広いシステムの知識と親切丁寧な説明が大切です。企業においてヘルプデスクの役割の重要性は高く、年々需要も増加しています。未経験者でもこの仕事を検討している方は、ぜひ有利となる資格を取得し転職へチャレンジしてみましょう。

カテゴリー