トップページ
公式Facebookページ
ニュース&トピックス一覧
仕事をお探しの方
職種別専門サイトのご紹介
人材派遣のしくみ
派遣で働くメリット
企業ご担当者様向け
人材をお探しの企業の方
WEBオーダー
サポート
会社情報
採用情報
お問い合わせ
サイトマップ
ご利用にあたって
個人情報保護方針
個人情報の利用目的・取り扱いについて
おすすめコンテンツ
お悩み解決!派遣コラム
Cheer(チアー)私らしいライフスタイルを応援する
アプリ紹介
[iphone 限定] お仕事提案アプリ
アリカモ|Alicamo

お悩み解決!派遣コラム

病院のバックオフィス!
医療事務の仕事内容

職場・職種・活かせるスキルからさがす
派遣のお仕事

派遣の仕事として事務職を考えている人は多いでしょうが、その中でも医療関係に携わりたい方は医療事務がおすすめです。しかし、医療事務では「薬や病気の知識などがなければ就職できないのでは?」と不安に思う人もいるでしょう。ここでは医療事務の主な仕事内容や取得しておいたほうがいい資格について簡単にご紹介します。

医療事務の仕事内容!流れはどうなっているの?

派遣の医療事務の仕事内容は、主に病院などで発生する事務仕事を担うことです。そのため、医療行為に携わることは一切ありません。医療に関する知識がない人間が、許可なく治療を行うことは厳しく禁止されているからです。病院の主な役割は患者を治療したり、病気の研究を進めたりすることですが、そこには必ず金銭のやり取りが発生します。つまり、医療費を計算して患者に請求するのが医療事務の仕事です。また、大きな病院になればなるほど医師や看護師が予約スケジュールを把握しておくことは困難になるため、医療事務は予約や入院のスケジュールを管理し、医療スタッフが働きやすい環境を整えることも業務に含まれます。病院のアシスト役として医療事務は欠かせない存在です。

自分に合った仕事をさがす

医療事務として働く魅力!どんなメリットがあるの?

医療事務として働くメリットとしてはまず、残業の少なさです。医療事務は病院の営業時間(外来受付など)に合わせて仕事をすることになるので、基本的に朝から夕方までの限られた時間帯で勤務することになります。家庭があったり、夜に用事があったりする人にとってはスケジュールを立てやすい職場といえるでしょう。また、医療事務で働くことで医療の知識を身につけることができます。自分が治療を受けるとき、親の介護に関わることになったとき、どんな方法があるのかを前もって見定めておけば、慌てることなく対応することができるでしょう。

研修の体制は?すぐに仕事には慣れる?

医療事務として働き始めるとき、必要なスキルを身に付けるために研修期間を設けている病院もあります。医療事務では治療に関わることがないものの、医療の専門用語が飛び交う環境に身を置くため、最低限の知識は研修期間で学んでもらうことになります。また、医療の世界で働く責任感を体験してもらうために臨床の知識などを教える研修もあります。とはいえ、やはり一番重点的に教えられるのは業務内容と対人スキルでしょう。正しい姿勢や敬語、話し方を身につけて、気持ちよく会話ができるよう意識を強めていく必要があります。

給与や時給は勤続年数や経験によって違う?

人材派遣会社「エン・ジャパン」が2016年9月に行った調査によると3大都市圏における派遣医療事務の平均時給は1,191円でした。これは他の派遣業と比べてもそれほど高い金額とはいえないでしょう。資格がなくても仕事はできるため、他の事務職と比べても、時給は低い傾向があります。ただ、資格の有無によって手当や昇給がある場合もあるので、給与形態を確認するようにしましょう。医療事務の資格は複数あり、さらに合格率も高いので医療事務に役立つ資格を積極的に取得して、それに見合うだけの成果を仕事で示すことができれば評価をアップさせることはできます。入職には必須でないものの医療事務資格などは能力を証明するにはぴったりの資格だといえるでしょう。スキルアップの意識を持ち続けることが昇給において重要なのです。

【出典】
『エン派遣』三大都市圏の募集時平均時給レポート(2016年9月)
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/enjapanhp/wp-content/uploads/20170529175530/0387_20161011_2016%E5%B9%B49%E6%9C%88%E5%BA%A6%E6%B4%BE%E9%81%A3%E6%99%82%E7%B5%A6.pdf

男女比はどのくらい?働きやすい職場なの?

医療事務は男女比でいうと女性のほうが高くなる傾向があります。これは一般的に女性のほうが家事や育児を中心に生活していることが多く、時間を調整しやすい派遣の事務職に就くことが多いからです。しかし、男性職員の数がまったくないわけではなく、むしろ力仕事などで活躍する男性職員の重要性は近年見直されてきているといえるでしょう。また、クリニックよりも総合病院などの規模が大きい病院においては、女性だけでは行えない業務も多くあるため、男性でも活躍の場があるでしょう。もともと、女性が多い職場ではありますが、男性であっても自分の強みを活かして働くことができるはずです。

経験や資格は必要?医療事務になるには…

医療事務になるため必要な資格は存在しません。しかし、キャリアアップを考慮すれば早い段階で資格を取得しておいたほうが有利になるでしょう。中でも実践的な資格が診療報酬請求事務能力認定試験です。医療費を計算し、患者に請求する能力を証明する資格なので、勉強する過程でスキルアップも期待できます。ただし、合格率が低いことでも有名な資格であるため、勉強する際には本腰を入れて努力することをおすすめします。医療事務に向いているのは性格的に几帳面である人材です。わずかなミスを見逃さず、日々、向上心を持って仕事に取り組める人は早期のステップアップが見込めます。医療事務は経験や資格が重視される職場なので、本人のやる気が最後には物をいいます。

カテゴリー